2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.09.18 (Sat)

認識に対する影響力

『大人の視点』に気が付いたらなっていた。
 
余計な情報を全く意識しない純粋な視点による入力。
 
どう考えても『子供の視点』の方が得る物が多い。

【More・・・】

 
 
 
 
 
眼鏡好きに、おススメの漫画が発売してました。
ホント最強
相変わらずしっとりとした内容の作品です。
色んなツボを押さえられていて満腹になれますw
 

 
 
DVDで『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』と『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』を観ました。

『ライアーゲーム』の方はあまり評判が良くないらしいですが、
私は非常に楽しめた作品でした。
既に3回観ましたが、まだまだ見飽きる感触はありません。
種明かしをされて、それを踏まえて観直すと、また尚更面白い感じ。
非常に良く出来てます。
計算され尽くした構成。
邦画では近年まれに見るスマッシュヒット(紙屋的に)です。
唯一の突っ込みドコロは熱伝導率と冷却時間そしてリンゴの隠し場所。かな。(二カ所じゃん)

『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』はとても市場評価の高い作品です。
尾田さんが手掛けているらいく、名前が前面に出されていたりもします。
そして監督の境さんは紙屋の親友N氏の同級生で友人だったりもします。
と、まぁ事前情報はさて置き。
感想としては、、、イマイチ、でした。
シキが伝説の海賊と呼ばれる所以(強さ)が認識出来ずでした。
(個人的に悪役はカッコいい方が好き、と言うもの置いておき)

演出面でも各メンバーの活躍は少なめでモノ足りず。
麦わら一味全員の銃火器乱射にも「そりゃないわー」と突っ込みつつ、
なんとなく、違和感を感じるトコロが多かったです。

あくまでも個人的感想なので、劇場版は一種のお祭り騒ぎだからご愛嬌なのかもしれません。

ロビンのポニーテール&眼鏡は一見の価値ありですが(ぉ

そんな感じのDVD鑑賞感想でした。
 


 
お腹が空き過ぎて血が足りなくなり、指先が震えて、
思考もぼんやりしてくる。
そんな状態が結構好きな事を自覚した紙屋でした。
22:09  |  お散歩帳  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。